【事例】社内コミュニケーションは8割以上が苦手!企業の事例3選

メールやチャットが発達するほど希薄になるのが、社内のコミュニケーションです。
社内コミュニケーションが足りていないと従業員が不満を抱え込み、
突然退職するなんてことも…。
「社内コミュニケーションを活発にしたい」という人に向けて、
成功している企業の社内コミュニケーション事例をご紹介します。

「社内コミュニケーションが苦手…」という企業は多い

HRproの調査によると、「社内のコミュニケーションに課題を感じる」という企業は
全体の8割近くいました。

実はどの会社も、社内コミュニケーションについて悩んでいるのですね。
参照:HRpro「社内コミュニケーションに関する調査」結果報告より
https://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=153

社員としては、急に「社内でしっかりコミュニケーションを取るように」と言われても、
普段コミュニケーションに苦手意識を持っている場合は「どうすればいいの?」と悩んでしまいます。
そんな時は、他社の事例を参考にして「これだ!」と思う制度を導入してみましょう。

【事例3選】社内コミュニケーションが円滑化する制度はこれだ!

事例①メルカリのランチ代補助

フリマサイト「メルカリ」を運営する株式会社メルカリでは、
他部署との交流を深める「シャッフルランチ」や
新入社員と役員の懇親目的の「ウェルカムランチ」などがあります。
社内コミュニケーションのためのランチなら、会社がランチ代を補助!
最近では近くの飲食店と交渉してツケ払いまで導入。
社員の清算にかかる時間まで配慮しているのです。

参照:メルカリ情報サイト「mercan」ランチ代がツケ払い!?メルカリの社内制度を支える画期的仕組みについて|まちコラ#11より
https://mercan.mercari.com/entry/2017/02/23/150000

事例②Sansan株式会社の褒めあう制度「見つカッチ」

名刺管理システム「Sansan」を運営するSansan株式会社には、
社員同士で褒めあうことを習慣づける「見つカッチ」という事例があります。
直接褒めあうのではなくパソコン上で投票する方式なので、気恥ずかしさもありません。
褒めあう雰囲気がない会社で導入すれば従業員の士気が上がり、社内のコミュニケーションも円滑になるでしょう。

参照:Sansan公式メディアmimi 賞賛や感謝の声を伝え、日頃の頑張りをたたえ合う「見つカッチ」より
https://jp.corp-sansan.com/mimi/2017/08/post-169.html

動物の癒しで交流UP!オラクルの看板犬「Candy Candyちゃん」

「社内コミュニケーションのため」と促しても、社員がなかなか行動を起こしてくれないこともあります。
そんな時は、「会社で動物を飼う」というのも効果的かもしれません。
日本オラクルでは、1991年から社員犬制度として会社で犬を飼っています。
もちろん生き物なのでお世話が必要ですが、社員で分担するのも社内コミュニケーションの一環になります。
動物の癒し効果で社員も「かわいい!」と笑顔になり、自然と交流が深まることでしょう。
オラクルのキャンディちゃんは、毎週水曜日にオフィスに“出勤”しているそうですよ。

キャンディちゃんのプロフィール:https://www.oracle.com/jp/corporate/candy-employee/
参照:日本オラクル公式サイト 社員犬キャンディの「働き方改革」
https://www.oracle.com/jp/corporate/features/pr/employee-dog-hatarakikata/

社内コミュニケーションを円滑にする制度はたくさんあります。
社内コミュニケーションについては、こちらの記事もぜひご覧ください。

「社内コミュニケーション足りてる?イベントで一気に盛り上がる!」
https://evemon.jp/2019/01/21/1267

社内コミュニケーションを活性化して“風通しのいい会社”を目指す

最近の日本社会は、昔のようなトップダウン型の風潮が減ってきました。
大手企業では社長室を廃止して社長も社員と同じ空間で働くなど、
フラットな組織が増えています。

社内のコミュニケーションが活発になり発言しやすい環境になれば、
従業員のモチベーションもぐっと高まるでしょう。

オリジナルゲームの考案も!社内イベントならイベモンにおまかせ

「社内コミュニケーションをもっと活発にしたい!」と思ったら、社内イベントを企画してみませんか?

イベモンは法人専門のイベントプロデュース会社。
社内コミュニケーションを活発にするイベントの企画も得意なんです!
実績3万件以上のイベモンが、
みなさまの目的に合わせたイベントのプロデュースから実行までトータルサポートいたします。

興味がある方は、ぜひイベモンまでお問合せください。

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。