Column
コラム

  • イベント全般オンライン

オンラインでの入学式・卒業式の事例についてご紹介

2月に突入し、学生さんにとってはもうすぐ卒業と入学を迎えるシーズンとなりました。
今年もコロナ禍の状況でオンラインの入学式・卒業式を行うという話を頻繁に伺います。
オンラインでの入学式・卒業式を検討中の方からは
「オンラインの入学式・卒業式に興味がある」
「事例はある?」
「オンラインの入学式・卒業式で関心を集めているものはどんなものが?」
といったお悩みもあるのではないでしょうか。
そこで、今回はオンラインでの入学式・卒業式の事例についてご紹介させていただきます。
オンラインでの入学式・卒業式にご興味がある方の参考にしていただければ幸いです。

1.オンラインでの入学式・卒業式の事例①~N高等学校「VR入学式」

学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校では平成30年度の入学式にて、VRを用いて行う「VR入学式」を実施しました。
入学式の様子を360度VRでリアルタイムに中継し、入学生は事前に配布したオリジナルVRゴーグルを使用し、全国どこからでも会場の入学式に参加できるよう実施されました。
また、参加者はリアルタイムでコメントを投稿でき、オンライン上ながらも一体感のある入学式を実現することができました。

2.オンラインでの入学式・卒業式の事例②~名前読み上げ動画の配信~

北海道江別市にある酪農学園大学付属とわの森三愛高校では、従来の対面で行われる卒業式を中止する代わりに教員たちが生徒に卒業式の雰囲気を感じてもらうべく、卒業生227名の名前をクラス担任が読み上げている様子や教職員一同が校歌を歌う様子を収録し動画を生徒たちに配信しました。
この他にもロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがTwitterで呼びかけ、ハッシュタグで参加者を募集しYouTubeチャンネルで名前を読み上げることをTwitter上にて表明しました。

3.オンラインでの入学式・卒業式の事例③~アバター卒業式~

世界中の学生がオンラインで経営を学ぶBBT大学・大学院では、ANAホールディングス株式会社の特別協力を得て、独自で開発した普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を導入し、卒業生らが遠隔地からアバターロボットを操作して卒業証書を受け取るという取組を行い卒業式を実施しました。
式典では、卒業生を代表して4名の学生が自宅から「newme」を操作し、他の卒業生はZOOMによるオンライン参加で視聴しました。「newme」は、タブレットを「顔」として備え、四輪の「足」で動きます。
司会者から名前が呼ばれると、BBT大学の卒業ガウンとハットを身にまとった「newme」が、操作する卒業生の顔をタブレットに映しながら登場し、卒業証書が授与されました。

今回はオンラインでの入学式・卒業式についてご紹介させていただきました。
オンラインでの入学式・卒業式にはこの他にもオンデマンド動画配信形式など様々な形式で行われています。
オンラインでの入学式・卒業式についてのご相談はイベモン迄お問い合わせください!