Column
コラム

  • オンライン社内イベント

【オンライン社内イベントって実際どう!?】社内イベントの幹事様に聞きました!~オンラインイベントの満足度~

2020年はオンライン元年、オンライン時代の幕開けでした。
イベモンでも僅か半年で100件超のオンラインイベントをプロデュースさせていただきました。

そのほとんどの企業様がオンラインイベントを始めて実施されるということで、「実際にうまくいくのか?」といった不安や「対面形式の方にしたかったが仕方がなく」、といったそもそもオンラインイベントに対する期待値が高くないということが多くございました。

そこで今回は、オンラインイベントに対し、不安を抱えている企業様に向け、弊社で実際にお手伝いさせていただいたオンラインイベントについて幹事様から頂いたアンケート結果をご紹介いたします。
オンラインイベントを検討されている企業様はぜひ、先輩幹事様の生の声をご覧いただき、参考にしていただければ幸いです。


幹事様のイベントに対する不安とプロデュースの安心感

初めてのオンラインイベントということで、不安になられている幹事様も多かったようですが、担当者がオンラインイベント向きの企画や当日のプログラム構成をご提案させていただき、多数の幹事様にご安心をいただけたようです。
「表彰式のイメージが掴めなかった当初に比べ、ご提案によってイメージが具体化していきました。引っ張ってくれた担当の皆さんのおかげです。」
「具体的な提案を出してくれるので、イメージが湧きやすい。」
「初の大規模オンラインイベントでしたが、企画の狙いを理解していただき、実現に向けて具体的な説明をして頂けたと感じています。」

幹事様が一番気になる参加者の満足度

参加者の皆様もオンラインイベントが初めてという方が多く、幹事様は参加者満足度が最も気になるポイントだったようです。
「社内アンケートは、好意的な意見が多かったです。」
「モニター越しではあるが、しっかりと最後まで参加していると感じることができた。」
「しっかり期待値を上回ることができました。」
「社員からも好評の声をいただいています。」

初の社内オンラインイベントという告知をされた幹事様もいらっしゃったようですが、モニターで参加者の盛り上がりが見えることで、無事にイベントを終了され、安堵された幹事様が多いようです。

 

今後のオンラインイベントの課題

2020年はオンライン元年ということで、オンラインイベントが初めての体験だったという方がほとんどだと思われます。
もしかしたら、初めてだったので新鮮で面白かった、だけなのかもしれません。
2021年はオンラインイベントを経験された方が、前年を上回る内容を期待してイベントに参加されると思われます。
リアルイベントと異なり、会場の熱気というものが感じられない分、毎回のイベントごとに、新しい企画、新しいコンテンツというものが求められます。
オンラインで実現可能なコンテンツを考え続けるのが、今後の課題と言えるでしょう。
イベモンでは、企業様ごとに個別のご提案を行っております。オンラインイベントのコンテンツにお困りの際は、ぜひご相談ください。