Column
コラム

朝礼をZOOMで行うWEB朝礼についてご紹介

ZOOM 朝礼 WEB朝礼

緊急事態宣言が様々な地域で発令されている昨今、働き方においても今まで以上に在宅でご勤務されている方が増えているのではないでしょうか? このような情勢を見て、離れた場所にいながらも社内の繋がりを醸成するべくリモートによる定期的なコミュニケーションを図れる機会を設けようと朝礼をZOOMなどを介して行うWEB朝礼で実施する企業様が増えて参りました。

朝礼をZOOMなどで行うWEB朝礼にすることにご興味がある企業様から

「朝礼をZOOMで行うWEB朝礼にはどんなメリットがある?」

「WEB朝礼は今までの対面式の朝礼と同じようにできるの?」 と言ったご相談をいただきます。 そこで、今回は朝礼をZOOMで行うWEB朝礼についてご紹介させていただきます。今後朝礼をWEBで実施していきたいとご検討中の方に少しでもご参考になれば幸いです。

 

1.WEB朝礼について①~ZOOMで行う朝礼、WEB朝礼のメリット・現状~

まず、朝礼をZOOMで行うWEB朝礼のメリットについて簡単にご紹介させていただきます。 朝礼をされている企業様や部署によって目的は異なるため、メリットも一概には言えませんが、朝礼をZOOMで行うWEB朝礼を実施することで孤独感が減り安心感につながっていることが大きなメリットであると言われています。 コロナ禍でリモートワークが増え顔を合わせる機会が減っている現在、孤独や社会的孤立における心身の影響について着目されています。

一説には孤独の精神面や身体面の影響は喫煙やアルコール摂取にも匹敵すると言われ、イギリスでは孤独問題担当大臣が任命されたというニュースが話題になりました。 このようなことから、朝礼をZOOMで行うWEB朝礼を実施することで孤独感の減少を図り安心感を醸成していくことが朝礼をZOOMで行うWEB朝礼のメリットとして考え、実施する企業様が増えてきています。

Web朝礼 オンライン 健康

 

2.WEB朝礼について②~事例①:健康チェック~

本項からは実際に朝礼をZOOMで行うWEB朝礼の事例についてご紹介をさせていただきます。 まずは、昨今の情勢を鑑みて健康チェックをWEB朝礼で行う企業様は大変多いです。 ZOOMの機能を活用してチャットや発言で確認したり、アンケート機能を活用したりと様々な方法を用いて朝礼の中で健康状態を互いに確認し合うことができます。

3.WEB朝礼について③~事例②:1分間スピーチ~

続いて紹介するWEB朝礼の事例は1分間スピーチです。 こちらのWEB朝礼の事例はできるだけ部署やチームごとなど少人数で実施されることがおすすめです。 WEB朝礼全体の時間はだいたい15分程度、1人1分ほどで簡潔に”昨日やったこと”、”今日やること”、”いま困っていること”などを伝えることで情報共有も部署の中でリモートワークをしていながらもしっかりと行うことができます。 また、ZOOMでWEB朝礼を行っていく中でコミュニケーションの円滑化を図りたいという場合ですとちょっとした雑談を挟んだり、目標の退勤時間を述べたり、など+αの取り組みなども発表する企業様も存在します。

今回は、朝礼をZOOMで行うWEB朝礼についてご紹介させていただきました。 コロナウィルスの脅威がまだまだ猛威を振るっている今、こういった状況だからこそ、社内の団結を図る機会は非常に重要と考え、 朝礼をZOOMで行うWEB朝礼を実施する企業が増加傾向にあります。 朝礼をZOOMで行うWEB朝礼についてご相談がございましたらイベモンまでご相談ください。