Column
コラム

  • イベント全般お役立ち情報

社内コミュニケーションを円滑化!定期的に行える内容とは?

社内 コミュニケーション 内容

先日、2020年1年を表す漢字として「密」が選ばれました。 世界的にコロナの影響を受けた2020年、誰もが密を避け意識した1年、として投票された方が多いのではないかと言われています。

一方で、密を選び投票された方の中には「おうち時間」が長くなる新しい生活様式が提唱され、オンラインを通して友人や家族と「密」にコミュニケーションを取ることができたと感じた1年だったと答える方もいます。来年こそは対面でも「密」なコミュニケーションが取れるようにと願いを込められて2020年の漢字として選ばれました。

このようにコミュニケーションの重要性を考え、社内においても円滑なコミュニケーションを図り定期的に社内でイベントを企画するのは日本文化の特徴の1つです。

そこで、今回は社内コミュニケーションを円滑にするために定期的に行える内容についてご紹介させていただきます。

「社内のコミュニケーションを円滑にするような定期イベントの内容はどのようなものがあるのか?」

「自分たちが考えた内容で社内のコミュニケーションが活性化するか心配。」

「社内のコミュニケーションがよくなる内容について気になる」 といった方にもご参考にしていただけるように社内のコミュニケーションを円滑にする定期イベントの内容について事例をご紹介させていただきます。

 

1.社内のコミュニケーションを円滑にする定期イベントの内容の事例①社内ラジオ

社内 コミュニケーション 促進

社内ラジオとは、音声で届ける社内報のような役割があります。経営者や社内の企画担当者から直接発信することで文化醸成を行い、社内でのコミュニケーションを促進させるこを目的に開催されています。 音声で社内の動きを知ることができ、紙やWeb上で得る情報より内容が深く理解されやすいのが特徴です。 社内報で取り上げられるインタビュー内容などを実際に社内ラジオで音声を通して配信することでインタビューされた方のパーソナリティも文面以上に知ることができるため、部署を越えて社内のコミュニケーションを促進する効果が期待できる内容となっています。

配信ツールも様々あり、社内ラジオを社内に展開するにおいてスマホ1つで無料で始めることが可能なため、社内のコミュニケーションを円滑にする定期イベントとしておすすめの内容になります。

2.社内のコミュニケーションを円滑にする定期イベントの内容の事例②~ユニークな朝礼~

コミュニケーション 社内 朝礼 企画 事例

最も手軽に定期的に行うことができる社内のイベントといえば朝礼と言っても過言ではないのでしょうか。 1日のスタートに行う朝礼は社内のコミュニケーションの活性化以外にも様々な効果が期待でき、ユニークな朝礼が数多く存在します。 そこでいくつか社内コミュニケーションを円滑にする朝礼の内容をご紹介させていただきます。

社内コミュニケーションを円滑にする朝礼の内容①~『スイッチオン!』朝礼~

親指を立てて、『スイッチオン!』と3回叫ぶというものが『スイッチオン!』朝礼になります。 朝から元気に発声することで社員のやる気を引き出し、社内においても同様にやる気がでる雰囲気を広げる効果も期待できます。 その他にもスピーチも担当を決めて行い、社内のコミュニケーションを醸成していくような内容を作り上げることが可能です。

社内のコミュニケーションを円滑にする朝礼の内容②~大声で夢を語る朝礼~

こちらは何度かメディアにも取り上げられたユニークな朝礼の内容となっており、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。 居酒屋チェーンを展開する有名企業が社内の朝礼として行われていたものが派生し、様々なところで模倣されています。 社内で行う朝礼に大声で各自の夢を発表する、というもので社員同士が互いの夢を共有し相手を知ることでチームワークが築きやすく、コミュニケーションの質を向上される効果も期待される内容となっています。

社内のコミュニケーションを円滑にする朝礼の内容③~HAPPY体操~

朝礼の最後に社内で社員同士がペアを作り向かい合った2人が『ハッピー』と言いながら両手を叩く体操が「HAPPY体操」となっております。 朝から社内に笑顔を創り出すことができ、社内コミュニケーションが取りやすい環境づくりを促進する効果だけでなく、体を動かし笑顔を作ることで健康的な効果も期待できます。

 

今回は内のコミュニケーションを円滑にする定期イベントの内容について事例をご紹介させていただきました。

在宅ワークを始めとした働き方が多様化していく昨今、どのように社内でコミュニケーションを構築していくかは非常に重要な事柄の1つです。

「もっと社内のコミュニケーションを活性化できる内容が知りたい。」

「社内のコミュニケーションを円滑にできる内容に興味がある。」

「社内のコミュニケーションをもっとよくする内容について相談したい。」

という方は一度、イベモンまで社内のコミュニケーションを活性化する内容についてご相談いただければと思います。