Column
コラム

  • オンラインお役立ち情報

オンライン配信イベントのすすめ!~会社の経営方針発表~

先日、10月26日から31日にかけて渋谷区公認の仮想空間「バーチャル渋谷」にて行われたハロウィンフェス、様々なメディアにも取り上げられオンラインのイベントにより一層注目が集められています。

このような状況下で企業では会社の経営方針発表をオンラインで開催することが増えてきました。 そこで、今回はオンラインでの経営方針の発表について、とりわけオンデマンド配信についてのポイントをご紹介させていただきます。

1.経営方針発表の配信方法はどれがいい?

オンラインのイベントには「オンデマンド配信形式」、「ライブ配信形式」、「ハイブリットイベント」の3種類があります。 それぞれの特徴についてはこちらにまとめさせていただきましたのでよろしければご覧ください。

この3種類の中で経営方針の発表に関しておすすめのオンラインイベントは各企業のカラーや経営方針発表イベントの目的、実際に行うコンテンツなどによって最適なものは異なって参りますが、今回はオンデマンド配信形式にスポットを当ててご紹介いたします。 オンデマンド配信で方針発表を行う理由としては以下のものが挙げられます。

1つ目は、経営方針の発表は「事前に話し合い決めておいた事柄を周知する」というものが多いのでリアルタイム配信形式やとハイブリットイベントのメリットとして存在するその場で参加者側と企画者側で話し合えるという機能を活用する必要性がないためからです。

2つ目は経営方針は会社の支柱となる重要なものであるため、反復して閲覧できることで効果は高まります。

そのため、オンデマンド配信形式は反復していつでもどこでも見れる特長を生かし経営方針の発表の効果を高められます。 加えて時間と場所の自由度が高いオンデマンド配信形式を活用することでリアルタイムで開催するイベントでは現場を一斉に止めなければならないという制限からも解放されるので会社の稼働時間をより有意義に活用することもできます。

以上のことから経営方針の発表についてはオンデマンド配信形式がおすすめと言えます。 また、別のイベント形式で行った後、方針発表部分のみオンデマンド配信するといった、方法もおすすめです。 では、実際に経営方針の発表をオンデマンドで行う際のポイントについて次項から紹介していきます。

2.要約とチャプターを活用する

経営方針発表ということに限らず、オンラインのイベントは参加者の集中力を維持するのが難しいと言われています。 そのため、オンラインのイベントを配信する際には人間の集中力が保てる30分~1時間以内に収めるのがベストです。 話す内容を30分~1時間以内にまとめることがどうしても難しいという場合でしたら、チャプター別に分けて配信することがおすすめです。

これまでの軌跡について、現在の状況、これからの目標・指針など項目に分けて配信することで参加者の集中力の担保だけでなく事前に話す内容が分かっているとその内容を意識して閲覧することができるので配信者側と参加者側の意図のすり合わせを図ることも可能となります。

また、部署のミーティングでもチャプター別にすると活用しやすくなるなど活用法の多様性が広がるのでとでも効果的だと言えます。

3.参加者の意見を聞ける窓口を設ける

オンデマンド配信は配信側から参加者側への一方向性のものになりやすいので双方向性を生み出すために参加者の意見を聞ける窓口を設けることで効果を高めることができます。

窓口を設けることで参加者に伝わらなかったところ、多くの人に伝わったところ、参加者からの全体の印象など様々な統計もとることができるので次回の改善に活用できるだけでなく、その他の社内イベントにも活用できるデータにもなるので参加者の意見を聞ける窓口を設けるのもおすすめの方法です。

4.事前に告知を行う

イベントにおいて参加する前に関心をどれだけ高め集めるかが4割の効果を有していると言われており、事前に興味を集めるような告知をすると効果を高めることができます。 具体的にはプロモーション動画を作成し、その動画の中で簡単な概要を紹介するというものがおすすめです。

実際に、人気のYouTuberさんは閲覧者が一番初めに見る動画のサムネイルに動画の趣旨やポイントとなるものをキーワードとしてその場面と文字で表現されている方も多く、動画の作成以上に時間をかけてサムネイルを作成する方もいらっしゃるぐらい概要を短く事前に配信していくのは非常に重要です。 さらに効果を高めるためにサンドアートやアニメーション、オリジナルドラマなどを作成するという方法もあります。

動画を作成することで採用など様々な場面でも活用すること可能となるため、プロモーション動画を作成することは広く見れば経費削減にもつながり、経営方針発表の動画では朝礼前に全体指針確認などされてる会社でも効果的に活用することができます。

 

今回は、オンラインでの会社の経営方針発表、とりわけオンデマンド配信形式の際のポイントについてご紹介させていただきました。

経営方針をオンデマンド配信することは会社の指針が何度でも繰り返しどこでも見れるようにすることを可能にし、より多くの社員に会社の理解が深まりやすくなるようにしていく可能性を秘めているように感じます。

もちろん、一番大切なことは会社のカラーや開催の目的です。 経営方針発表の目的と自社のカラーを再度考えていただきその際にオンデマンドで配信することについても検討してみてはいかがでしょうか