Column
コラム

  • オンライン社内イベント

リモートワークでも参加可能な社内イベントの実施方法!

リモートワークが当たり前の時代となり、社内でのコミュニケーションは減少傾向にあります。
従業員数が多い企業であれば、社内運動会やバーベキューなど、縦横の繋がりを深めるために社内イベントを活用されていると思いますが、今年は恒例行事が行えず、社内コミュニケーションの活性化が課題となっている企業も多いようです。

リモートワークでも社員同士がコミュニケーションを図れる社内イベントとして、どのようなものがあるのでしょうか?

社内イベントもオンラインで行う!

オンラインでの会議や商談ができるのですから、コミュニケーションも問題なくできるはずです。
そこで、社内イベントをオンラインで行ってみましょう!
社員同士がコミュニケーションを図るコンテンツとして、オンラインでグループディスカッションができるようなゲームが人気です。

・ジェスチャーゲーム

お題を動きで表現して伝える定番のゲームです。オンラインで目の前に回答者がいないからこそ、思い切った動きができたり、今まで気づかなかった意外性が見えたり、相互理解の促進に繋がります。

・ジェスチャー人狼ゲーム

人気の人狼ゲームとジェスチャーゲームをミックスしたゲームです。出題者がお題を出し、回答者がそのジェスチャーをしていきますが、あるメンバーにはお題を見せずに同じ動きをしてもらい、誰が狼か当てるゲームです。誰が狼かを推理するコミュニケーションの他、みんなで同じ動きをするため、一体感も生まれます。

・脱出ゲーム

話題の脱出ゲーム。テーマパークや一定のエリアを使って行われることが多いですが、オンラインで脱出ゲームをやってみようという企画です。
最初の謎を出してもらい、答えを導き出せたチームから次の謎に挑戦できるという流れです。
このゲームは事前にヒントとなる道具をそれぞれに用意しておくことができるために臨場感があり、また謎解きの際にチーム内の会話も生まれるため、コミュニケーションの活性化にとても有効です。

コミュニケーションの重要性

リモートワークは、個人の仕事に集中しやすくなったり、移動時間が削減されてプライベートが充実したりと、メリットも多いですが、社内コミュニケーションの低下により会社やチームの一体感を損なうというデメリットも生じます。
慣れなかったリモートワークやオンライン会議も今では当たり前になっております。回数を重ねるごとにリモートイベントも一般的な行事となっていくはずです。
社内コミュニケーション促進と一体感の醸成のためにも、オンラインでのリモートイベントを始めてみませんか?

交流企画単体で開催するだけでなく、社員研修会をオンラインで行い、研修会後にレクリエーションを取り入れて交流を図るという企業もあり、オンラインコミュニケーションの可能性は広がりを見せています。