Column
コラム

失敗しない忘年会景品の選び方とは?おすすめ景品紹介!

社内イベントの1つといえば忘年会。例年秋頃から忘年会の準備を始める企業様が非常に多く、弊社にも問い合わせが増えてきております。
忘年会の幹事をするにあたり、幹事様を悩ませるのは会場選びと企画内容、そして景品選び
今回はその中の一つ、景品選びについて、ポイントやおすすめ景品をご紹介いたします。

また、2020年は感染症対策としてオンライン開催がトレンドとなっているので下記も是非チェックしてみてください。

テレワーク時代に組織を活性化させるオンラインイベントの悩みを解決!

 

景品選びに悩んでいる幹事さんへ!失敗しない忘年会景品の選び方とおすすめ景品

 

1.景品の選び方

景品を選ぶ際に非常に重要なポイントは予算の範囲内で最大限参加者に需要のある景品を選ぶことです。欲しい商品があればそれを手に入れるために、熱を持ってゲームや企画に参加しますし、その人数が多ければ多いほど、忘年会自体、自然と盛り上がっていくものです。
参加者一人一人が少なくとも一つは”絶対に欲しい”と思えるように幅広く選ぶことが大切です。また、景品専門業者では、景品セットとして人気なものを入れ込んだパック商品を販売しているところもあります。そういった業者のホームページなども参考に選んでいくといいでしょう。
ここから、景品を選んでいく際のチェック項目をまとめてみました。

・金額の設定

景品を選ぶ際、一番最初に決めるのは景品全体の金額予算です。決め方としては忘年会予算の中から会場費や運営費を引いた額を景品に回すという企業様や、もともと景品予算として運営費などとは別に確保している企業様もいらっしゃいます。

・当選人数を確定

参加者の中からどのくらいの比率で当選者を出すのか、金額と相談して決めていきます。目玉として金額が高い景品を数点のみにするのか、なるべく多くの人たちに景品が当たるよう、1つあたりの金額を下げて数を増やすのか。ここは企業様によって非常にバラバラです。
企業様の中には、景品の予算を多くとり、当選者以外には参加賞としてギフト券やクオカードをお渡しし、結果全員に景品が渡るようにされているところもございます。

・男女比と年齢層

例えば女性が多い企業であれば、女性人気の高い商品を多めにしたり、内訳の調整をします。ここでのポイントとしては、目玉商品となるようなものは、男女ともに人気なものにするのが大切です。
また、年齢層が幅広いようであれば、食品系やカタログギフトなど、万人受けにした方が良いです。一方、年齢層が若めであれば、トレンドを意識した景品にしましょう。

上記を参考に景品の狙いを定めていきます。
ここからはプロが選ぶおすすめ景品と称し、目安金額と共におすすめ景品とおすすめポイントをご紹介していきます。

2.プロが選ぶおすすめ景品

・JTB旅行券 ¥1,000~

https://www.jtb.co.jp/gift/nicegift/nicetrip/

目玉景品としておすすめなのが旅行券。2020年9月現在では感染症の懸念から海外渡航は規制されておりますが、期限の無い旅行券がございます。
当選者は好きな場所を選ぶことが可能なため、老若男女問わず、非常に人気の景品です。また金額設定も1,000円単位で自由なため、景品として金額調整もしやすいので幹事様目線でも選びやすい景品です。

・カタログギフト ¥2,500~

(https://www.ringbell.co.jp/)

結婚式の引き出物などでも大人気のカタログギフト。景品当選者は当たったカタログギフトからお好きな商品を選べる仕組みになっています。こちらも価格が幅広く設定されているので金額調整のしやすい景品です。

・高級食材 ¥2,000~

(https://item.rakuten.co.jp/matsuyoshi/misuzisteak400/)

こちらも景品の中で非常に人気なものです。食べてはみたいものの、きっかけがないと、なかなか自分では買わない…という方が多くいらっしゃるので、これを第一希望として狙う参加者の方も多いです。男女ともにステーキや海鮮系が人気で、季節のフルーツ等、旬なものも良いでしょう。

・オーダースーツ ¥45,000~

https://fabric-tokyo.com/pages/gift

こちらは男性人気が高い景品です。普段仕事でスーツを着用している方は勿論、着用していない方でも、ビシッと決めるときに1枚は持っておきたいと思うのではないでしょうか。

・ブランド化粧品セット ¥7,000~

(https://www.fashion-press.net/news/63262)


若い女性に大人気なのがブランド化粧品セット。女性の中には、かわいい化粧品や、ブランド化粧品を持っているだけでテンションが上がるとの声も。女性が多い職場であれば、1つはあってもいいかもしれません。また、忘年会時期は各ブランド”クリスマスコフレ”として、セット販売しているところが多いです。クリスマスコフレ限定商品が多く、その年の冬にしか手に入らないセットなので特別感もあり、景品としても喜ばれます。しかし、クリスマスコフレは限定販売が多いので、入手経路など下調べはしっかりと行いましょう。

・家電 ¥10,000~

(https://ranking.rakuten.co.jp/daily/562637/)
大きな液晶テレビや最新掃除機なども人気ですが、筆者の一押しとしては加湿器や空気清浄機。もうすでに自宅にあるという方でも、違う部屋で利用ができますし、忘年会シーズンは空気が乾燥しやすく、風邪なども流行りやすい時期。同じ家電を所持している場合でも需要がある可能性が高いです。

 

3.まとめ

以上、失敗しない忘年会景品の選び方とは?おすすめ景品紹介!でした。
忘年会の企画が盛り上がるものにするためには、景品選びも非常に重要なポイントとなってきます。いかに予算内で参加者のニーズに合った景品を選べるか。迷った際には、景品手配会社さんに相談してみるのも良いかもしれません。

イベモンでは、忘年会の企画から運営、景品や景品配送まで全て入った”忘年会パック”がございます。

ぜひ、右側の”イベモンのパッケージプラン”もご参考にしてみてください。