Column
コラム

  • HRオンライン

【内定者フォロー】コロナ禍での研修はどうする?オンライン社内研修とは?

昨今の新型コロナウィルスの影響で社内の様々な研修等もリアルで開催出来ない状況にあります。
このような状況の中、社内研修をオンラインで実施することを検討されている企業様は多いのではないでしょうか。
また、社内研修と一言でいっても、どの層の社員をターゲットにするかで内容や開催方法も変わってきます。
そこで今回は4月入社までの内定者フォローの一環として行う内定者向け、入社前社内研修のオンラインでの開催方法に関してご紹介致します!

 

1.そもそも入社前研修の必要性は?

入社前研修に関して、まだまだ導入されていない企業様も多いと思います。新入社員研修をするから入社前に必要ないのではないか、そもそもどんな研修をすれば良いのかわからないといった悩みを抱えていらっしゃる企業様もあるかと思います。そんな企業様の為にもまずは、研修を行う目的をご紹介します。

 

①内定者の不安を解消し、内定辞退防止へとつなげる

キャリタス就活2019 学生モニターの調査によると内定後から入社までに感じた不安のトップが「仕事についていけるか」となっています。


この結果から見ても学生が入社後に実際に自分が業務をこなせるのか、ついていけるのか不安を抱えていることがわかります。
事前にそういった不安を取り除くような研修を行うことで入社後への安心感の醸成や研修を通して今後一緒に働く社員や同期とも交流を深められる事から内定辞退防止へと繋げることも可能です。

②即戦力となってもらう為、スキルを早い段階で身に着けてもらう

学生は就職先が決まるとどうしても気持ちが緩んでしまうものです。気持ちが緩んだ状態から4月に入り、いきなり社会人としての生活へと気持ちを切り替えることはなかなか難しいです。
入社後にすんなり社会人生活に慣れ、即戦力として活躍してもらう為にも事前に研修を行い、実際に必要なスキルを頭に入れておくことは非常に重要です。

③入社へのモチベーション

内定のタイミングが年々早まっている現在、内定から入社までの期間が空けば空くほど内定者も内定が出て承諾した時の熱量が徐々に冷めていきます。
その熱を維持し、入社へのモチベーションをさらに高めるためにも事前にマナー研修や業務で活用できる知識を事前に伝授することは効果的です。

 

2.オンライン研修をするには何が必要?

オンラインでなくても研修をするにはやはり事前準備が必要です。しっかりと研修内容や研修で使用するツールを事前に決め、当日慌てて内定者を不安にさせないようにしましょう。準備不足が内定者に伝わってしまうことでこれから入社する企業への不安へと繋がってしまいます!

・研修企画

研修の目的に合った企画を考えることは非常に重要です。特に現在のオンライン上のみでの選考やその後のフォローが必要な状況だからこそ企業と内定者のお互いの目的をしっかり意識することが大切になります。例えば、マナーやOAスキルなどの個人個人の基礎スキルをつけるようなものなのか、チームワークの重要さを意識させるような内定者グループで行うものなのか等、どのようなスキルを入社までにつけて欲しいか、というところから内容を考えましょう。

・使用する資料や事前課題の設定

研修内容に合わせて当日使用する資料等はしっかり準備しておきましょう。また、何か事前に内定者に課題を出し、それを当日発表してもらうといったことも
研修でよくあるパターンです。その際はしっかり事前に内定者に課題を伝え、何をすれば良いのか、内定者全員が理解していることを確認しておくことも重要です。
何をすれば良いのか理解出来ていない内定者が一人でもいると研修当日、なかなかスムーズに進みません。

・オンライン配信ツール

オンライン研修を行うにあたり、配信ツールはその研修が一方向型か双方向型かにより、使用するツールが変わります。
例えばセミナーや会社事業発表など参加者が”視聴のみ”の場合はYouTubeやYouTubeライブのように配信のみのツールが適しています。
しかし研修の様な、参加者同士の交流を図りたい双方向型の場合は、ZOOMやGooglemeetのような双方向でコミュニケーションがとれるツールが適していると言えます。また、上記の資料を用意する場合は当日に資料を画面上で共有できるようなツールがなのか確認し、事前にしっかりテストを行いましょう。
このように配信ツールは、企画内容でも変わり、場合によっては内定者にダウンロードをしてもらう必要もありますので、早い段階で決めておく必要があります。

・研修会場

オンラインですので参加者は全員個別で参加が可能です。しかし、当日、司会や参加する社員が内定者に向け発表する為に企業側が1ヶ所オフライン会場を用意し行うことがスムーズでしょう。

・司会(進行役)

研修の中で、進行役を決めることが非常に重要です。研修が円滑に進まないと、参加している内定者の研修へのやる気も薄れてしまいます。

以上、内定者へ向けた入社前オンライン研修の開催方法でした!いかがだったでしょうか。
ぜひまだ入社前研修をされていない企業様は取り入れみてくださいね。

イベモン HR担当

3.最後に

イベモンではイベント企画だけではなく、各企業様の採用に関わるお悩みのサポートもさせて頂いております。
お悩みによっては、イベントだけで効果がでるもの、イベント+やるべき事のアドバイス等幅広くご提案をさせて頂きます。
このコロナ禍で例年とは違った採用に関するお悩みが沢山出てきているかと思います。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらまで https://evemon.jp/contact/