Column
コラム

【コロナ対策】オンライン忘年会のメリットとデメリットとは?

年末行事といえば忘年会。そろそろ幹事さんを決めたり、社内で検討し始める時期ではないでしょうか?
この記事では、今年の忘年会をオンライン開催にしようか検討している企業様に、オンライン忘年会のメリットとデメリット、そしてデメリットに対する解決策についてご紹介させていただきます!

 

1.オンライン忘年会のメリットとデメリット

メリット

忘年会をオンライン開催することによるメリットはたくさんあります。理由と共に下記に書き出してみました。

①参加するハードルが下がる
まず、大きなメリットとして、参加するハードルが下がるということがあげられるでしょう。
こちらは、遠方の方も気軽に参加できるというのは勿論、子育てしているお母さん、お父さんもお子様と一緒に参加することが可能になるなど、参加するために交通費がかかってしまっていた方や、今まで参加しづらかった方なども、オンライン開催することにより、参加ハードルが下がります。

②会場費がかからない


通常、ホテルやレストランのフロアを貸し切って開催していた忘年会が、参加者個人の自宅から参加可能になることにより、会場費がかからずに済みます。

③コンテンツが見やすい
会場で行う場合、人数が多いとステージから遠い席や、見づらい席というのは少なからず出てきてしまいます。
しかし、オンライン開催であれば、参加者それぞれが、ご自身のPCやスマホからの参加になるので、コンテンツが見づらいという事象は起きません。

④オンラインならではの企画や機能がある
オンライン開催になると、オフライン開催よりも実施可能な企画があまり無いのではないかといったご相談もいただきますが、オンライン開催ではオンラインならではの企画が可能になります。
例えば、チャット機能を使ったゲーム企画や、普段の忘年会では、歓談中、特定の人ととしかコミュニケーションを取りづらいといった問題もありますが、オンライン忘年会ではZOOMのブレイクアウト機能を使い、様々な人と交流が可能になります。

⑤飲食が自由


通常、オフラインの忘年会では、参加者は会場にあるお食事や飲み物の中から選ぶ必要があります。
苦手なものが多い人や、お酒を無まない方にとっては、選択肢が少なく、あまり飲食できなかったという人も多いのではないでしょうか。
しかし、オンライン忘年会では、そのような心配は必要なく、周りに気を使うことなく、好きなものを準備することが可能になります。

 

以上がオンライン忘年会の主なメリットではないでしょうか。

 

2.デメリットと解決策

次にオンライン忘年会の大きなデメリットとしては以下のようなものがあげられます。
①わくわく感が少ない
②飽きやすい
③実施例がない(初めての開催)

しかし、準備前にオンライン開催のデメリットを知っておくことにより、対処することが可能になります。
①ワクワク感が少ない
②飽きやすい
こちらの2点は、演出方法で解決可能です。
わくわく感が少なかったり、飽きやすい理由の1つとして会場というリアルな場がないことと、画面のみでの視聴であることがあげられます。
こちらは動画演出を取り入れることで、解決することが可能です。
オープニング動画を差し込み、今から始まるというワクワク感の醸成、イベント中に動画を差し込むことで参加者が一定の同じ画面を見続けるということなく、画面上に新鮮さが生まれます。

動画についてはコチラ→ 【プロが解説】社内イベントで動画を上手に活用できていますか?動画のメリットを最大限発揮する使用方法

③実施例がない(初めての開催)
オンライン配信の仕方や、ゲームコンテンツ等に不安がある方は、オンラインイベント業者にご相談するのを、おすすめします。
忘年会の進行の仕方や、オンラインでも盛り上がるゲーム内容等、オフライン開催とは違ったものになってきます。
プロに相談することで、見えていなかった課題や例年よりも参加者の満足度が高い忘年会を開催することが可能になります。

 

以上がオンライン忘年会のメリットとデメリット、そしてデメリットに対する解決法でした。
今年初めてオンラインでのイベントを開催する企業様も多いのではないでしょうか。

配信ツールのご相談から企画内容、当日運営のことまで、イベモンでは随時無料相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちら  https://evemon.jp/contact/