Column
コラム

エンゲージメントを高める社内イベント実施の鍵は「企画」にある

現在、政府が主導する働き方改革の影響により、個人の働き方が多様化してきました。 加えて昨今の感染症の影響もあり、リモートワークを推奨せざるを得ない状況が続き、会社と従業員の関係がより希薄になっています。 このような背景より、従業員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」、いわゆる「エンゲージメント」を高めるために社内イベントを活用する企業が増えてきています。 しかしながらイベント企画に精通していない、従業員が仕事の合間を縫って幹事業務を行う社内イベントでは参加者の満足度を高めることができず、 予算に見合った効果が発揮できていない企業が多く見受けられます。 それではどのような社内イベントを行えば、参加者の満足度が上がり、目的であるエンゲージメントの向上が達成されるのでしょうか。 その鍵は社内イベントの「企画」にあります。

 

エンゲージメントを高めるための方法としてよく挙げられるのが次の2点です。

1.コミュニケーションの活性化

社員同士のコミュニケーションの量と質を向上させることで社員間の相互理解が深まり、働きやすい環境が醸成されます。

2.理念やビジョンの浸透

企業の理念や今後のビジョンを社員が深く理解することで、従業員が自身の仕事の必要性を実感するとともに、目標達成や自己実現に向けてのモチベーションを高めることができます。

 

ではどのような企画を行えばコミュニケーションの活性化、理念やビジョンの浸透を社内イベントを通して実現できるのででしょうか。

社内イベントの企画を行う際に大切な2つのポイント

1.企業課題とリンクした企画を練ること

前述したエンゲージメントを高めるための方法である、コミュニケーションの活性化や理念やビジョンの浸透の現状の達成度合いは企業によって異なります。まず社内イベントを企画する際には各項目において自社における課題はどこにあるのかを考える必要があります。 一言でコミュニケーションの活性化と言っても、経営層と一般の従業員のタテのコミュニケーションを活性化したいのか、部署間を超えたヨコのコミュニケーションを活性化したいのかでは企画すべきイベントが大きく変わります。

2.社員の参加意欲をかきたてる企画を練ること

いかに企業課題とリンクした企画を練ったとしても、参加者が意欲をもって楽しんで参加できなければ浸透度は低くなってしまします。実際に産労操業研究所の調査データによると97%の企業が社内イベントを実施しているのに対し、参加者の56%は社内イベントに参加したくないと回答しています。 社員の参加意欲を高めるためには流行りのコンテンツを取り入れることや、社員の興味関心に沿った企画を練りマンネリ化を防ぐことが大切になります。

 

社内イベントの在り方は大きく変化してきています。以前は参加者から金銭を徴収し行われていたことが多かった社内イベントですが、今や企業が予算として費用を負担して企業課題の解決をするための大切なツールとなっています。 しかし社内イベントを実施することがゴールではありません。 今後社内イベントを行う際には、参加者に満足してもらい予算に見合った効果を発揮するために、企業課題とリンクさせ社員の参加意欲をかきたてることを考えた企画を行うことを心掛けましょう。