Case
事例紹介

Case
事例紹介

対面形式

株式会社KMS様 懇親会

株式会社KMS

業態
ゲーム業界
参加対象者
全社員
参加人数

イベント実施の背景・目的

全員が同じ時間を楽しみながら目的を達成

業績が右肩上がりで成長しており働く仲間も増えつつある中で、会社の理念や社訓、社長が社員に伝えたい思いなどを社員に浸透させたい、そして今こそチームワークを強めたいということから、今回の懇親会は少し力を入れていきたいということで実施いたしました。

イベント提案のポイント

完全オリジナルの謎解き

株式会社KMS 社長殺害事件 犯人は誰だ!?というテーマに3問のオリジナル謎解きを提案。「チームワーク強化」、「理念・社訓の浸透」を楽しみながら伝えたいということでしたので、楽しみつつ、協力しながら理念や社訓を浸透できるようにいたしました。

イベント提案のポイント

完全オリジナルの謎解き

株式会社KMS 社長殺害事件 犯人は誰だ!?というテーマに3問のオリジナル謎解きを提案。「チームワーク強化」、「理念・社訓の浸透」を楽しみながら伝えたいということでしたので、楽しみつつ、協力しながら理念や社訓を浸透できるようにいたしました。

イベントの具体的な実施内容

懇親会

謎解き
暗号を解読したり、2つの四角に共通する漢字を考えたりする謎解きを設定。 そのうちの1つが記事冒頭にもある、□に当てはまる文字を連想し言葉を作るという謎。
景品贈呈
チームで協力し、見事正解した上位チームへの贈呈。景品獲得も参加の楽しみの一つとなります。

イベント実施後の変化や効果

  • 「伝える工夫」と「繰り返し伝える」ことがカギと実感
  • 最近社員と話したこと、社員との間にあった出来事を思い出すことができた
  • 同じ時間・同じ問題を共有することで、自然とチームワークを発揮できた

イベモン担当者の感想

伝えることの難しさを実感

今回このイベントを通じて、改めて社訓や理念について考えていた人、日々の仕事に追われて考える余裕のなかった人など様々な社員がいらっしゃると思います。 毎日目の前の仕事を必死で頑張っている社員に、社長の思いや考えを伝えるには、「伝える工夫」と「繰り返し伝える」ことがカギだと感じました。 ただ厳しく淡々と伝えることも手法ですが、今回のように社員が楽しみながら実感できるゲーム式にするのも一つの手法なのだと思います。