Case
事例紹介

Case
事例紹介

忘年会

ケアリッツ・アンド・パートナーズ 忘年会

株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ

業態
IT・医療福祉
参加対象者
社員
参加人数
180名

イベント実施の背景・目的

社内の活性化のため、社員のやる気を引き出す忘年会を実施したい

社内で幹事を立てているが、毎年恒例の忘年会も人数が増え、場所の選定や内容の検討の負荷が大きくなってきた。そのため、会場探しからサポートできる業者を探していた際に、イベモンへご連絡を頂いた。ご要望としては、部署間を超えた社内のコミュニケーションの活性化と営業部門の表彰。マンネリ化しているので、社員の士気を高めるような忘年会にしたいということでご相談を頂いた。

イベント提案のポイント

忘年会を社員の交流の場として機能させるため、参加者にインパクトが残せるように設計

イベントの企画を行う上では、お客様のご要望を踏まえ、忘年会で初めて接する人がいる前提で交流の図れることを前提とし、表彰された人は特別感を味わえるよう十分検討を重ね提案を実施。また、イベント中は、適宜映像を差し込み、参加者に忘年会のインパクトが残るように設計。ご要望にあったバンド演奏を踏まえたタイムスケジュールを調整した。

イベント提案のポイント

忘年会を社員の交流の場として機能させるため、参加者にインパクトが残せるように設計

イベントの企画を行う上では、お客様のご要望を踏まえ、忘年会で初めて接する人がいる前提で交流の図れることを前提とし、表彰された人は特別感を味わえるよう十分検討を重ね提案を実施。また、イベント中は、適宜映像を差し込み、参加者に忘年会のインパクトが残るように設計。ご要望にあったバンド演奏を踏まえたタイムスケジュールを調整した。

イベントの具体的な実施内容

忘年会

受付
部署名・氏名を記載した名札を作成し配布。 内定者も参加していたので、既存社員が内定者とひと目でわかるように紐の色を変えて配布。
表彰
社内で作成して頂いた表彰映像を流し、表彰式開始。 受賞者には賞状を用意しコメントを頂き、また上司からもコメント頂く。
ゲーム
IT会社らしさを活かしたタイピング対決にはじまり、 ミッションアタックビンゴもチーム対抗で行うことで、 個人でもチームでも両方で楽しめるよう配慮。 景品も多くの人に行き渡るように2ゲーム実施。
当日のダイジェスト映像
ダイジェストエンドロールでイベント一日を振り返ると共に、参加者の一体感を醸成。

イベント実施後の変化や効果

  • ゲストの皆様にも積極的に参加することができたとの評価を頂けた。
  • イベント中は、参加者が様々な人とコミュニケーションを取ることができたと評価を頂けた。
  • イベント後の感想においては、数多くの参加者から「楽しかった!」との評価を頂けた。
  • 幹事様からは、イベントを外部に依頼することのメリットを感じたとの評価を頂けた。
  • お客様のイベントの評価が高く、忘年会以外の会についても共に企画させて頂いた。

イベモン担当者の感想

初めてイベントのプロデュースを外注されるお客様にイベントのプロとして伴走

外部に委託するのは初めてということでしたので、お客様と密に連絡を取りながら試行錯誤し、こちらから作業分担や割り振りなどを相談させていただきました。幹事様から会社の雰囲気等のお話を聞きながら提案することができたので皆様にも楽しんで頂ける忘年会にできたのではないかと思います。幹事様には慣れていらっしゃる方、初めて幹事をなさる方など状況が異なりますが、幹事様の状況に合わせてサポートさせて頂くことの重要性を再確認できました。