【表彰式】進行役は何をすればいい?進行のポイントと台本について

多くの会社が行う表彰式。社員のモチベーションアップに欠かせない表彰式は、テキパキと進行したいものです。

しかし“進行役”は苦手な人も多いもの。
「自分にできるかな…?」と不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

表彰式の進行役として堂々とふるまうために、知っておくべき基本情報と事前の準備方法についてご紹介します。

表彰式は進行が命!進行役で仕上がりが変わる

表彰式は、表彰される社員にとっては大事なハレの舞台。
スムーズな進行だと表彰される人も喜びを噛みしめられますし、
見守る人も「次は自分も…!」とこっそりを目標を立てて、モチベーションをアップできます。

表彰式における進行役は“仕切り”を担う大事な役割。
日ごろは「人前に出るのが苦手!」という人も、ここは1つ思い切って明るくテキパキと進行したいものです。

しっかり準備をしておけば、当日の進行も落ち着いてこなせますよ。

表彰式の進行で知っておきたい基本ポイント

進行役の立ち位置は“下手”(しもて)!

忘れがちなのが進行役の立ち位置。進行者用の台があれば立ち位置に迷いませんが、
もしない場合は「どこに立てばいいの!?」と焦ってしまう人もいます。
事前に進行役の立ち位置も押さえておきましょう。

基本的に、表彰式では受賞者が上手(かみて)に立ち、進行役は下手が立ち位置となります。

  • 上手…客席からみて右側
  • 下手…客席から見て左側

しかし会場やプログラムの都合で進行役の立ち位置が上手になることもありますので、
あくまでも“基本情報”として知っていただければと思います。

基本の表彰式次第(流れ)

一般的な表彰式の流れは、以下のようなものです。
来賓を呼ばない社内だけの表彰式もありますから、自社に合わせてプログラムを組んでいきます。

  1. 開会の言葉:部門長など社内の中で立場が上の人
  2. 主催者の言葉:社長や会長
  3. 来賓の紹介:来賓を招く場合のみ
  4. 表彰・表彰式授与
  5. 受賞者の言葉:代表者 or 全員
  6. 懇親会:記念撮影など
  7. 閉会の言葉:進行役が締めることもあります

表彰式の進行役は台本を準備しよう!

一番大事!台本やシナリオを準備してみんなをリード

表彰式の進行は、かならず事前にプログラムが決まっています。
進行役はそのプログラムをしっかり読み込み、誰よりも進行の全体像を把握しておきましょう。

進行役は、オリジナルの台本を用意するのがおすすめです。
プログラムごとに進行役が言うセリフや表彰台に上がってもらう人、
音楽を掛けるタイミングなどを事細かに書き出しておきます。

そうして入念に準備しておけば、当日の表彰式の進行も落ち着いて堂々とこなせますよ!
もし他の人がプログラムの順番を間違えたり予想外のことが起こったりしても、慌てずに対処できるでしょう。

進行役は“ここ!”というタイミングを見逃さない

台本をしっかり準備すれば、盛り上げるタイミングも見えてきます。
表彰式はフォーマルな場なので“ノリの良さ”は必要ありませんが、
表彰者に拍手を贈る時は盛大に盛り上げたいものです。

拍手をするタイミングが来たら、「みなさま、盛大な拍手をお願いします!」と進行役がしっかり声を掛け、
進行役も率先して拍手をしましょう。
表彰された従業員は、より一層満足感が高まりますよ!

スタッフの動きもイメージする

表彰式の進行をスムーズに進めるためには、進行役以外にも役割が必要です。
表彰状を社長に渡したり受賞者をアテンドしたりする、いわゆる“裏方さん”も表彰式には欠かせません。
表彰式をスムーズに進行するために、2人以上はアテンドを配置したいものです。

進行役は、他の裏方の動きも把握しておきましょう。
「社長あいさつの間に、裏方の〇さんが表彰状を準備する」
「表彰状授与が終わったら、裏方の×さんが受賞代表者にマイクを渡す」など細かい部分までインプットすれば、
不慮のトラブルにも慌てることがありません。

裏方同士の連携は、表彰式ではとっても大事!
進行役を中心に、しっかりと動きをシミュレーションしておくと安心です。

進行役って難しい……とお困りの方へ

いかがでしたでしょうか。進行役としてするべきことはご理解いただけたと思います。「仕事をしながら進行役としての準備をするのは大変!」と思った方もいるはず。

安心してください。そんなときは、社内イベント・法人イベントのプロデュースをお手伝いするサービス「イベモン(https://evemon.jp/)」に相談をしてみてはいかがでしょうか?

例えば、大人数が収容できる会場がなかなか見つからない……。イベントの景品を大量に購入するのは大変……。こんな悩み一つひとつを解決できます!もちろん今回ご紹介した進行役もお任せできちゃいますよ!

イベモンは結婚式のプロデュース「スマ婚」、結婚式二次会幹事代行サービス「2次会くん」を運営する会社から登場したサービス。
これまで累計3万件以上のイベントプロデュースから培ったノウハウを活かし、各種企業向けのイベントのお手伝いが可能に!

社内イベント・法人イベントのことならどんなことでもお気軽にご相談ください!

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。