【関西|1泊2日】社員旅行のおすすめスポット3選

社員旅行で「関西に行こう!」と方向が決まったら、次に悩むのがプランですよね。
社員の年齢層や雰囲気を考慮して、
「どこに行けば盛り上がるの?」と悩んでいる幹事は多いものです。
今回は、関西地方に1泊2日で社員旅行に行く際のおすすめスポットについてご紹介します。

社員旅行なら貸し切りバスで巡るのがおすすめ!

団体で行動する社員旅行なら、移動は貸切バスのほうが便利です。
電車や新幹線だと乗り遅れる人もいますし、旅行先で駅から遠い名所を巡る時に不便に感じることも…。
また、社員旅行は従業員同士の交流を深める絶好のチャンス。
貸切バスなら自然と一体感が生まれて、「社員旅行を楽しもう!」という雰囲気が高まるものですよ!

余力があればプロのバスガイドさんに依頼するのもおすすめですし、
得意な社員が即席のバスガイドさんになるのも盛り上がります。
社員20名程度ならマイクロバス、50名程度なら大型バスと規模によってバスの大きさも選べますから、
旅行会社に金額や種類を聞いておきましょう。

【関西版】社員旅行おすすめ名所はここだ!

おすすめスポット①城崎温泉でしっかり慰労

社員旅行の定番といえば温泉ですよね!関西での社員旅行なら、
兵庫県の城崎(きのさき)温泉がおすすめです。
浴衣で日本情緒あふれる街並みを練り歩くのが、城崎温泉の王道の楽しみ方!

ハーブのお湯やその昔天皇が入湯したといわれるお湯など、温泉の種類も豊富。
自由時間に好きな外湯に色々入ってみるのも楽しいですよ。
温泉地の近くに城崎ロープウェイがあり、兵庫県の豊かな自然を感じることもできます。

おすすめスポット②世界遺産の姫路城を観光

「白鷺城」の異名を持つ兵庫の姫路城は、日本ではじめて世界文化遺産に登録されたお城。
白い漆喰で塗り固められた上品な外観ですが、
見た目とは裏腹に攻撃から身を守るためにさまざまな仕掛けを設置しているのが特徴です。

天守に着くまでの曲がりくねった道をはじめ、
敵を城に寄せ付けないための仕掛けを見れば「すごい!」と社員も感心するでしょう。

おすすめスポット③道頓堀で関西グルメを堪能

関西のグルメといえば「粉モノ」といわれるお好み焼きやたこ焼き。
“食い倒れの街”こと大阪道頓堀では、「道頓堀コナモンミュージアム」という観光スポットで大阪グルメを満喫できます。
また道頓堀ではカニ料理店もあるので、社員みんなで豪華なカニ会席を堪能するのもいいでしょう。

楽しかったと言われたい!従業員の満足度を高めるポイントとは?

投票制にして1人の意見に偏らないようにする

社員旅行で忘れてはいけないのが、多くの社員が楽しめるように企画すること。
関西への社員旅行なら「USJに行きたい!」という若手社員も多いですが、
みんながテーマパーク好きとは限りません。
社員旅行先を関西と決めたなら、幹事がいくつかコースを作って社員に選んでもらう「投票制」にしましょう。
そうすれば1人の意見に偏らず、公平に旅行先を決められますよ。

繁忙期は避ける

1泊2日ほどの社員旅行をするなら休日を使う会社も多いもの。
社員旅行自体が楽しくても、繁忙期で残業続きだと「休みの日はしっかり休みたい…」という声も出てきます。
あらかじめ繁忙期がわかっている場合はなるべくその時期を避けて、
業務が落ち着いている時期に社員旅行を企画するようにしましょう。

「食」の品質は落とさない

旅行といえば食の楽しみが欠かせませんが、それは社員旅行も同じ。
ご当地グルメをしっかり取り入れることで、社員の楽しみ度合いも高まります。

友人や家族で行く気軽な旅行ならB級グルメがメインの旅行も楽しいですが、
社員旅行ならある程度“目玉”となるグルメも用意したいところ。
予算をやりくりして、豪華なグルメで社員をねぎらいましょう。

仲間意識アップ!社内イベントならイベモンにお任せ

「社員同士がもっと交流を深めてほしい」…そんな時は、社内イベントの企画もおすすめです。
社内イベントのプロデュースならイベモンにお任せ!
予算内で会場の手配からオリジナルゲームの考案、当日の運営までトータルでサポートします。

さらに、「社員旅行の余興の相談に乗ってほしい」という部分的なサポートも歓迎!
社員旅行のイベントや余興に困ったら、ぜひイベモンまでお問合せください。

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。