「会社イベントに行きたくない」…その理由と対策を考えてみた!

「会社イベント行きたくない」…従業員から聞こえがちな言葉ですが、幹事を不安にさせる言葉でもありますよね。

会社は色んな人が集まって仕事をしていますので、相性や個性など様々です。
だからこそ、幹事としては従業員みんなが楽しんでくれるイベントにしたいですよね。

今回は、会社イベントに行きたくない理由と、幹事が工夫できる会社イベントのポイントをご紹介します。

「会社イベントは行きたくない!」と考える人は社内に一定数いる

会社イベントは社員同士の交流を深める目的があり、企画する幹事もみんなが楽しめるようにあれこれ工夫します。

でも中には、「会社イベントは行きたくない!」という人も…。

幹事としてはがっかりしますが、大勢でワイワイするのが苦手な人もいます。
これは、ある程度仕方のない事かもしれません。

まずは行きたくない理由を考えてみよう


会社イベントに積極的ではない従業員は、もともと団体行動が苦手な人もいます。

また、休日を丸1日使って行う会社イベントだと「休日が潰れるのが嫌だ」
という理由で行きたくないと思う人もいます。

そのほかにも、古風な会社に多いのが「女性社員がお酌する風習が嫌だ」という理由です。
会社で飲み会のイベントが多く、当たり前に女性従業員がお酌をする習慣がある会社は意外と多いもの。
こういう会社はイベントでも上下関係がしっかりしているので、従業員は気を遣い続けるので疲れてしまうことも…。

そしてどの会社でもある意見が、「会社になじめていないから」というもの。
職場で打ち解けていないからこそ会社イベントで仲良くなってほしいものですが、
まだ心を開いていない従業員にとっては参加自体気が進まないようです。

対策 会社イベントに行きたくない人も参加したくなる企画のポイント

休日が1日潰れるスケジュールは避ける

特に繁忙期に会社イベントを開催する場合、休日が丸ごと潰れてしまう会社イベントは避け、
半日で済むようなスケジューリングを検討するのが無難でしょう。
どうしても長時間かかるイベントを実施する場合は、
可能であれば時期をずらして仕事が落ち着いているときに開催したほうが、
従業員も幹事も負担が軽くなりますよ。

お酌をしなくていい雰囲気づくり

最近は女性の社会的地位向上のために、飲み会の際あえてお酌を禁止する会社も増えています。
日本酒は難しいかもしれませんが、ビールならピッチャーではなくお店側が注いで提供してくれる飲食店だと女性も気を遣わずに済みますね。
幹事も参加メールを送るときに「女性もお酌を気にせず自由に楽しんでください」と一文添えれば、
女性も「参加しようかな!」と楽しみにしてくれるでしょう。

景品ありのゲーム大会でお得感+コミュニケーションで打ち解ける

“モノで釣る”というと聞こえは悪いですが、豪華景品のあるゲーム大会はやはり盛り上がります。
会社イベントに乗り気でなく「行きたくない」と思っている人も、「あの景品欲しい!」とお目当てがあれば参加率もぐっと上がります。
参加率を上げるために、幹事は超目玉の景品だけ先に発表するのもアリですね!

「どんなイベントがいいかわからない!」そんな時はプロに頼ってください


会社イベントを楽しく盛り上げるには、今回ご紹介したような工夫が必要です。

「イベントの企画が苦手で、どうしたらいいかわからない!」「企画が得意な人に手伝ってほしい!」という時は、
ぜひイベモンに頼ってください。

イベモンは会社イベントのプロとして、忘年会から総会まで3万件を超えるプロデュース実績があります。
1人7,000円~という低予算で、会社イベントのトータルプロデュースから部分的なサポートまで柔軟に対応します。

興味がある方は、ぜひイベモンまでお問合せくださいね!

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。