【社員総会|企画】イベントのプロが語る!面白く飽きさせないコツについて

「社員総会で面白い企画ってなんだろう?」と悩んでいませんか?
社員総会では売上報告や経営状態を共有する大事な場ですが、せっかくなら面白い企画を盛り込んで、社員みんなで盛り上がりたいですよね!
社員が大盛り上がりする企画のコツや事例をご紹介します。

社員総会の準備について

まずは実行委員会を作ろう!

社員総会は会社イベントの中でも大掛かりなもの。まずは実行委員会を結成してチームで動きましょう。
メンバーの選び方は会社によってさまざまですが、あまり多いと動きにくくなります。多くても5人程度がおすすめですよ。

社員総会の企画は「テーマ決め」から!

「なんとなく去年と同じ感じで…」と進めるのは失敗のもと。
社員総会の企画は、まずテーマ決めからはじめましょう!大みそかの定番である紅白歌合戦も、毎年テーマを決めています。

社員総会の企画なら、

・売り上げ目標を達成したので従業員に「ありがとう」を伝える

・今年度の経営ビジョンの共有

・社内のコミュニケーション活性化

など、現状の会社で困っていることや目指したいことをテーマにすることが多いです。

「アジェンダ」を決めて企画を具体的に考える

アジェンダとは、社員総会のプログラムのことです。
偉い人の挨拶からはじまり、会社全体や部署ごとの売り上げ報告、さらに食事や余興・イベントなどの順番と時間を決めていきます。
社員総会で面白い企画も盛り込もうと思ったら、1時間以上は見積もっておきたいところです。

【事例】予算1000万超え!社員総会に力を入れるサイバーエージェント

新人表彰制度で新社会人のやる気を上げる

アメーバブログなどでおなじみの株式会社サイバーエージェントは、社員総会に力を入れていることで有名です。
特に大きな成果を出した新入社員にあたえられる最優秀新人賞は、新卒の大きなモチベーションアップにつながっています。

映像もゲームも徹底的にこだわる

サイバーエージェントの社員総会は、映画の記者会見を思わせるような映像演出など、豪華な企画で知られています。
部門ごとに受賞者が華々しく紹介されたあとは、お酒やゲーム、最後はウルっとくる映像で感動的に終了します。
予算1000万円越えのビッグイベントですが、その分社員のモチベーションアップや業績アップにつながり、結果的に「プラス」となるのです。

退屈なんて言わせない!社員総会で飽きさせないポイント3つ

プレゼンはコンパクトに!

社長や役員の挨拶、成績発表は欠かせないアジェンダであるものの、長時間では参加者も飽きてしまいます。

歓談→ゲーム→歓談のサンドイッチで社員同士が盛り上がる!

社員総会の企画でコミュニケーションを活性化させる方法として、歓談をゲームや余興の前と後に挟む「サンドイッチ作戦」がおすすめです。
2回目はゲームや余興後の感想を言いあって、社員みんなが盛り上がってくれますよ!

感動的な映像演出で社員の心に響かせる!

社員総会の終わりは、社員を感動させることで心にしっかりと刻まれます。
社長や役員の締めの言葉もいいですが、結婚式のエンドロールのような映像で締めくくると感動のレベルが数段階アップしますよ!

◇社員総会当日の様子をダイジェスト版として放映する

◇数日間の厳しい研修を終え、最終日の懇親会で研修の様子から当日の様子までを上映する

◇社史とあわせてダイジェストエンドロールにする

など、イベントの種類にあわせたダイジェストエンドロールに仕上げることで社員の思い出に残るものになります。
「こんな動画が作りたい!」という希望がございましたら、イベモンまでお問い合わせください。

演出など気になる方はこちらの記事もぜひご覧ください。

https://evemon.jp/distinations/soukaihyoushou

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。