これだけは押さえて!社内行事の企画をするときに注意すべき3つのポイント

社内行事を企画するなら、たくさんの人に参加してもらいたいものですよね。
お金や時間をかければ豪華な社内行事も企画できますが、幹事さんは予算も時間も限られた中で準備しなければいけません。
今回は、社内行事を企画する時についつい見落としがちな3つのポイントをご紹介します!

【例文あり】「参加したい!」と思わせる案内文を送る

忙しい時間をやりくりして参加確認メールを送ることが多いですが、アッサリとしたビジネスっぽい文章では「参加してみようかな♪」と思ってもらいにくいものです。こんなポイントを案内文に盛り込むと、参加率もアップしますよ!

例文①:気の利いた「一言」を添えよう!

案内文の最後に、
「この社内行事をきっかけに、他部署の方ともぜひ親睦を深めましょう!」
と添える。

この一言があるだけで幹事の「気持ち」が伝わりますので、「楽しそう」「参加してみたいな」と思ってもらえますよ。

例文②:「みなさんの期待におこたえして、今年は人気の○○が食べられるお店を予約しています!」

この一文は、今までの参加者から「こんなお店に行きたいな」とリクエストがあったときにとくに効果的です。

このほか「今年はとくにステキなお店を予約しています」など、「いままでと違うこと」をアピールすると、参加者に興味を持ってもらえるんです!

食事とイベントの力量は「半々」で!

社内行事を企画すると、「イベントに気合を入れすぎて食事が手抜きになった」という「バランス」の問題があります。そのため、「食事に予算をかけすぎた結果、イベントが陳腐になってしまった」という逆のパターンもよくあるんです。

予算も時間も限られているので、イベントと食事のバランスを保てるように、半々くらいの力量で準備していきましょう。

イベントプロデュース会社を把握しておく

イベントプロデュース会社もいくつかありますが、選ぶポイントは「予算内で請け負ってくれるかどうか」なんです。

なかには一律で料金が決まっていることもあり、少人数や予算が限られている場合は「ちょっと厳しいな…」と諦めなければいけません。
社内行事は、幹事ががむしゃらに頑張ったからといって、絶対に成功するものではないんです。

ちゃんと社内行事の「目的」を決めて達成することが、成功の大きなポイントとなります。

つまり、予算内で収まって参加費用に変わりがなければ、イベントプロデュース会社に依頼してもだれにも文句も言われません。
それどころか、幹事さんも楽しみながら「プロ品質」の社内行事が保証されるのです!

イベモンなら参加者だけじゃなく「幹事さん」もハッピーにします

イベモンは、イベントのプロデュースをおこなう「イベントのプロ集団」です。ご予算の範囲で最大限に素敵な社内イベントになるように、会場のピックアップやオリジナリティあふれるイベントの企画、景品の準備までイベモンが代行いたします。

また、当日の進行や機材の手配も自社で行っているので、品質も安定しているんです。幹事さんと目標を共有して、参加者も幹事もハッピーになる社内行事の企画ならイベモンにお任ください!

気になる方は、ぜひイベモンまでお問い合わせください。

懇親会・表彰式・社員総会・忘年会など、会社のイベントに関するお問合せ

■メールでのお問合せをご希望の方は下記ボタンをクリックいただき必要事項をご記入ください。
追って担当者よりご連絡させていただきます。

メールでのお問合せはこのボタンをクリック

■お電話でのお問合せは下記にございます電話番号までご連絡ください。

株式会社メイション イベモン事業部 03-5361-7055

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。