社員満足度から見る 社内イベントの人気企画ランキングBEST4

社内イベントと言えば、部署内での飲み会から、社員の士気を高めたり、会社の展望の発表をしたりするための全社員規模のものまで様々。

いつも行っている社内イベントについて、社員が実際にどう感じているのかなど深堀をする機会はなかなかないのではないでしょうか。

そこで今回は、社員満足度から見る、社内イベント人気企画ランキングBEST5を発表!

会社員150名にアンケートを実施し、その結果を大公開します!

 

第4位 支社単位で行う花見やバーベキュー

「年に1度、支社全員が集まるイベントを総務さんが企画してくれます。
今年は花見でしたが、支社の全員が集まって普段あまり話せない人と話せたり、僕たちの仕事を陰で支えてくれる部署の人たちにお礼を言えたりするのでいいなと思います。」
(不動産 28歳 男性)

「夏に川に行ってラフティングなどのアクティビティやバーベキューを支社全員参加で行うのが恒例です。
大勢でないと楽しめないことを思いっきり楽しめたり、めっちゃバーベキューを焼くのが上手な上司がいてみんなに振舞ってくれたり、和気あいあいとしています。
毎年楽しみですね。」
(会社員 33歳 女性)

支社単位となると、人数も多くなるので大勢で楽しむイベントを企画することができます。
仕事から離れて川や海でのアクティビティーの企画や花見の企画などは、会社では見えない社員の意外な一面を見ることができるので、親睦がより深まるようです。

第3位 表彰式・アワード発表の式典

「日ごろの仕事の成果を表彰されると、モチベーションがアップされますね。後輩たちも、次は自分も表彰されるように頑張りたいなど意欲が増すようです。
また表彰されると豪華景品がもらえたり、何かしらご褒美をもらえたりすることがあるので、それも嬉しいポイントではないでしょうか。」
(広告業 29歳 女性)

「私は営業マンなど、目に見える成績が出るような仕事ではないのですが、裏から支える部署にも焦点を当ててくれるような表彰がうちの会社では行われます。
あまり知られていない仕事でも、表彰されることで仕事内容を社員の人に知ってもらうことができますし、何より自分の仕事にも意味があることを改めて実感することができます。」
(サービス業 35歳 男性)

社内のイベントの中でも、年に1~2回の大きなイベントとして扱われるのが表彰式やアワード発表の式典。社員総会と同時に行う会社もあるかもしれません。
やはり、自分たちが毎日行っている仕事に対し、頑張りや努力を表彰される企画は、社員のモチベーションアップには大きくつながってきます。
営業マンなどの仕事の結果が目に見える業務ももちろんですが、なかなか数字で結果を表すことのできない業務に対してもスポットを当てることが大切ですね。
働く社員全員を対象とした表彰式・アワード発表を企画するといいですね。

第2位 社員旅行

「私の会社では毎年社員旅行で海外に行きます。仕事をしているとなかなか旅行に行くこともできないのですが、社員旅行があることで海外を満喫し、リフレッシュできるので楽しみにしています。行き先は社員投票で決めるので社員が行きたいと思うところに行くことができます。」
(サービス業 28歳 女性)

「毎年社員旅行があり、いつも頑張る社員にご褒美というテーマなので、ホテルや用意される食事が豪華です。1年に1度しかないですが、この1度がとても楽しみです。
特に新人の頃は、先輩たちとグループを組み一緒に楽しむことがルールなので、仲良くなれるきっかけになります。」
(アパレル系 24歳 女性)

会社が用意をしてくれる社員旅行。旅行に行くには休暇を取る必要がありますが、職業によってはなかなか旅行に行くことが難しいことも。
日ごろ頑張る社員にリフレッシュをしてもらい、さらに仕事に励んでもらうためにも社員旅行を企画し実施するといいでしょう。

第1位 全社員が集まる懇親会

「全社員が集まる懇親会では、各支社や各部署から余興の出し物があります。その支社のカラーや人柄が出て毎年楽しみです。
ちょっと学生のときのようなノリを楽しめるのも面白いなぁと思いますね。」
(金融関係 27歳 男性)

「転勤の多い会社なので、過去に一緒に働いていた仲間と久しぶりにゆっくり話せる時間ので楽しいですね。
あとは社長と直接コミュニケーションが取れて、会社のことを聞いてみたりできるので、翌日からの仕事に活かすこともできます。」
(会社員 33歳 女性)

全社員が集まる懇親会が第1位となりました。
社員全員が集まる機会は年に1度という会社がほとんどのようです。規模が大きくなればなるほどなかなか全社員が集まるということが難しくなってきます。
社員旅行も同じですが、期間を要することと費用面において、実施していない会社もありますが、全社員が集まる懇親会は行っている会社も多いようで、このような結果になったようです。

社員さんの言葉にもありますが、「どこに行くか」「どの規模で集まるか」ということも大事ですが、どんな内容で行うイベントなのかという企画内容が非常に重要になるのではないでしょうか?
アクティビティーを楽しむ・余興や出し物を楽しむなど、イベントの企画内容で満足度は変わってくることでしょう。

自社で企画をするのは大変!その悩み、解決して見せます!

せっかく社員を集めて行う社内イベントなので、チカラを入れて計画を立てて実行まで持っていきたいが、仕事の傍らで考えるにはちょっと時間もないし、労力がかかる……。
とお悩みの方も多いことと思います。

そんなときは、社内イベントをお手伝いをしてくれる会社に依頼をしてみるといいですね。

法人向けイベントサービス「イベモン」では、社内イベントの開催において会場探しからプランニング、企画内容のご提案、アイテム手配から当日の進行・スタッフ手配まで全てを任せることが可能!
これまで結婚式プロデュースの「スマ婚」や結婚式二次会幹事代行サービス「2次会くん」でのイベント実績3万件から得たノウハウを存分に活かし、上場記念パーティも社員の皆さんにとって一生思い出に残るイベントに仕上げます。

イベモンはカスタマイズも可能で、手伝ってほしい部分だけお手伝いすることも可能!

まずはイベモンまでご相談ください!

・電話で直接問い合わせたい!という方はここをタップ!

・メールで一度問い合わせたい方はここをクリック!

The following two tabs change content below.
Umi Okuzaki

Umi Okuzaki

ウェディングプランナーとして、これまで1000組以上のカップルの結婚式をお手伝い。某有名劇団の結婚式二次会のプロデュースの実績を持つ。 大きな体と大きなハートで、イベントを全力サポート。 得意技は「アイスクリーム早食い」。

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP