【イベントレポート】チームワークは工夫次第!懇親会のゲームは「謎解きゲーム」で決定!

※さあ、あなたは上の画像の謎が解けますか?
答えはこの下を読み進めると出てきます!お楽しみに!

各会社では、社内のコミュニケーションを目的とした懇親会を定期的に開催していると思います。
社員のほぼ全員が集まるからこそ、会社の理念や社訓の落とし込み、チームワークの強化を図りたいもの。

ですが、どうすれば会社の理念や社訓を浸透させることができるのか、目標に向かって足並みをそろえることができるのか、悩みどころですね。
とある会社が行った、理念や社訓の浸透、チームワークの強化を目的とした「謎解きゲーム」をご紹介します!

「チームワーク強化」、「理念・社訓の浸透」を楽しみながら伝えたい

毎月末に必ず「〆会」という懇親会を開催する株式会社KMSの皆さん。

右肩上がりで成長しており働く仲間も増えつつある中で、この会社の理念や社訓、社長が社員に伝えたい思いなどを社員に浸透させたい、そして今こそチームワークを強めたいということから、今回の懇親会は少し力を入れていきたいということでした。

いつもはボーリング大会をしたり、よくある飲み会をしたりしながら〆会を行っていたところ、全員が同じ時間を楽しみながら目的を達成できればというのが、今回の狙いでした。

株式会社KMSオリジナルシナリオの「謎解きゲーム」開催

そこで、今回は株式会社KMSだけのためにイベモンが作った完全オリジナルシナリオの「謎解きゲーム」を開催することに!

今回のシナリオの内容はこんな感じです。

〆会を楽しんでいたところ、
途中で席を外した社長がなかなか戻ってこない。。。心配になったスタッフが社長を呼びに行くと、
何者かによって社長が殺害されている!!??社長を殺害したであろう犯人は、
いくつかの謎を残していた。
社長を助けるためにみんなで謎を解く!

この事件にタイトルをつけてみました!

今回用意した謎は3つ!

暗号を解読したり、2つの四角に共通する漢字を考えたりするようなものです。
そのうちの1つが記事冒頭にもある、□に当てはまる文字を連想し言葉を作るという謎。

その謎を解く鍵として、普段社長が皆さんに話している社訓や理念、会社の今後のビジョンなどを考え思い出す必要があります。
またヒントとして捜査資料と題したものを用意し、あらかじめ社長から頂戴している伝えたいことをまとめておき、社員の皆さんにお配りしました。

チーム戦で、いろんな意見を出し合いながら楽しめる!

なかなかすぐには解けない難易度で用意をしたので、チーム全員の知恵が必要となります。
「これかな?」「いや!こうだと思う!」など同じ問題を同じ時間にみんなが共有することでチームワークが生まれます。

また「あー!そういえば社長こんなこと言ってた!」「これよく聞く言葉だよね!」など社長が普段話している内容を思い出しながら謎を解く場面も多くみられました。
ただ謎を解くだけではなく、事前に社員全員分の犯行動機と表した「最近社員と話したこと、社員との間にあった出来事」を社長から頂戴しておき、司会が面白おかしく読み上げていくことで、社員同士の知らない部分を知ることができる機会にもなりました。

また少し景品を用意したことで、その景品をゲットするためにも問題を解きたい!という気持ちも高めることも!

「伝える工夫」と「繰り返し伝える」が鍵

今回このイベントを通じて、改めて社訓や理念について考えていた人、日々の仕事に追われて考える余裕のなかった人など様々な社員がいらっしゃると思います。
毎日目の前の仕事を必死で頑張っている社員に、社長の思いや考えを伝えるには、「伝える工夫」と「繰り返し伝える」ことがカギだと感じました。

ただ厳しく淡々と伝えることも手法ですが、今回のように社員が楽しみながら実感できるゲーム式にするのも一つの手法です。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

今回懇親会をお手伝いさせていただいた会社様

株式会社KMS様

2015年7⽉に設⽴
社名の由来でもある「絶えず変化する」ことを理念として掲げサービスはもとより、社員⼀⼈ひとり、社全体で「絶えず進化」し、常にチャレンジできるような環境を作っていきたいと考える。
⾃社開発でPCのブラウザー上で楽しむRPGゲームの開発事業をスタートし、企画から開発・リリースまでを⼀から⼿掛ける。
今後の【オトギフロンティア】の運⽤や新たな事業の拡⼤に向けて加速中。
Microsoft社のITスタートアップ⽀援事業「Microsoft BizSpark plus」に採⽤される。

株式会社KMS HPはこちらから

参加した全員が”楽しかった!”と言える社内イベントにしよう

今回ご紹介した会社様完全オリジナルシナリオ「謎解きゲーム」はイベモンが制作・プロデュースをさせていただきました。

「社内のイベントだからこそ、自社の社員で何とか行いたい」、「自分たちでイベントを作るからこそ意味がある」と思う方も多くいらっしゃると思います。

ですが、すべてを準備するは正直大変というのが本音ではないでしょうか?

そんなときは、イベントのプロに手伝ってもらうのもいいですね。

例えば、「会場がなかなか見つからない……」、「景品を買いに行く時間がない」、「当日はできるだけ全員参加にさせたい」など困っているポイントだけを手伝ってもらえばいいのです。

企業で行われる懇親会や忘年会、新年会や内定式などをサポートする「イベモンhttps://evemon.jp/)」は、結婚式プロデュースの「スマ婚https://smakon.jp/)」、結婚式二次会幹事代行サービスの「2次会くんhttps://evemon.jp/)」から生まれた法人イベント専門のサービスです。

これまで累計3万件以上のイベント経験のノウハウを活かし、多種多様なイベントのサポートが可能になりました。

社内のイベントをより良くし、社員のモチベーションアップにつなげたいと考えている企業様は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

☆電話で直接問い合わせたい!という方はここをタップ!

☆メールで一度問い合わせたい方はここをクリック!

答えはこちら!

分かったかな?
こんな謎解きを楽しみたい方は、ぜひイベモンご連絡くださいね!

The following two tabs change content below.
Umi Okuzaki

Umi Okuzaki

ウェディングプランナーとして、これまで1000組以上のカップルの結婚式をお手伝い。某有名劇団の結婚式二次会のプロデュースの実績を持つ。 大きな体と大きなハートで、イベントを全力サポート。 得意技は「アイスクリーム早食い」。

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP