【イベントレポート】社員満足90%越えの社内イベントを大公開!~忘年会~

忘年会の幹事さんたちは、昨年もお忙しだったのではないでしょうか?

来年はもう少し楽しみたい!もっと盛り上がった忘年会にしたい!と反省をされる方も中にはいらっしゃるでしょう。

そこで、今回私たちイベモンが一部お手伝いをさせていただいた忘年会の幹事さんに、忘年会後の感想、当日を振り返ってみてのお気持ちなど聞いてみました!

とにかく社員に一体感を感じさせたい。思いの詰まったプログラム

イベモン 新地
綿密なプログラムで、いろんなイベントがあって、参加者の皆さんがものすごく盛り上がってらっしゃいましたね。

市原さん
社員には一体感を味わってもらいたいと思っていました。社員がみんなで一つのイベントを楽しめるような仕掛けをたくさん入れました。
後は2017年に新卒で入社をしたメンバーに、人を楽しませること、幹事としてイベントを回すということを勉強させたかったんですよ。

↓↓↓プログラムがこちら↓↓↓

金子さん
途中で予定よりも少し伸びたイベントもありましたが、結果的に時間通りに終えることができましたね。

吉本さん
大きなイベントはこれまで何度も行ってきましたが、一番の盛り上がりだったと思いますね。

イベント・企画がしっかりとしていれば“料理の量や質は気にならない”

市原さん
今まで気づかなかったことでしたが、「企画とイベントに力を入れられていれば、料理の質や量は気にならない」ということでした。
イベント後には社員にアンケートを取って、次に活かすようにするのですが、例年必ずといっていいほど料理に関するネガティブな意見が出ていました。

金子さん
今回も会場にお願いをして、決まった食べ物だけは食べ放題にしてもらい、無くなったら補充してもらうように交渉していました。

市原さん
そう。でも、“思ったより料理がなくならない”と会場の方に言われまして、今回は“料理”よりもイベントを楽しんでもらえましたね。
今までは企画が しっかりしていなかったら“料理が少ない”、“ドリンクが少ない”などの意見が挙がってきていたとがわかりました。

忘年会に費やした時間は40時間以上⁉

イベモン 新地
ここまでいろいろ考え抜いたイベントだと、かなりの時間を費やしたのではないしょうか?

金子さん
そうですねぇ……。でもそんなに時間かかってなかったような……

市原さん
いやいや(笑)。かなり使ってたでしょ!忘年会のために会議を開いたり、関係各所への連絡をしたり、家でも小物作成とかやってくれてたじゃん!

金子さん
確かに!!!

市原さん
トータル時間で考えたら軽く40時間以上は忘年会に使ったよ!

金子さん
確かに準備期間としては3か月前くらいから始めましたからね。


イベモン 新地
これだけの内容だと、40時間は使ってしまいますよね……

金子さん
幹事との打ち合わせから司会者・余興者・映像制作者・会場の打ち合わせ、あとは個人での細々した制作物などの作成などもあって、正直時間としてはかなりの時間を費やしたと思います。
僕自身でもそれくらい時間をかけていますが、司会者は僕の指示で司会者同士が打ち合わせていて、余興者も同様に余興の練習や打ち合わせをしていて、いろんな人の時間を考えたら測りしれない時間を使っていますよね。

イベモン 新地
なかなかな時間を使いましたよね。

金子さん
私自身、これまで大きなイベントに関わることが多く、プログラムを作成するときのフォーマットが頭の中にあるので、大枠を作ることはすぐに出来てしまいますが、もしこのフォーマットが自分の中になかったとすると、大変な作業になるので時間と労力はさらに使うし、ストレスにもなるかもしれませんね。

市原さん
私たちは各拠点に接骨院・鍼灸院がありますので、各拠点のリーダーと電話やメールのやり取りがあったので、そのあたりも金子さんのようなイベント慣れをした人が仕切りだったからスムーズに滞りなく行えたけれど、不慣れで幹事経験がない人だったらできなかったでしょうね。

今回の忘年会、大満足でした!!

吉本さん
今回のイベント終了後も、アンケートを実施しまして。
結果は大満足でした!!!
今回イベモンさんがお手伝いしてくださったメインゲーム「ミッションアタックビンゴ」の結果はこれです!

イベモン 新地
うわー!94.5%の社員さんから満足頂いてますねー!嬉しいです!!

市原さん
これはすごいコンテンツだったんだなぁと、これを見て改めて思いましたね。現場でも実際に見させてもらいましたが、完成度がすごかったね。

吉本さん
社員からのコメントも「新鮮で楽しめた」、「みんな盛り上がっていた」など楽しかったことがわかりますね!
いつもアンケートでゲームは、マイナスの意見がワァーっと出るんですが、このアンケート結果は珍しいです。

イベモン 新地
余興もこだわってらっしゃいましたよね。

市原さん
余興で行った今流行りの芸人のモノマネは、当日サプライズで重役の方にお願いをしました。本人にだけしか前オファーをお伝えせず、幹事も一部の人しか知らない余興だったんですよ。
会場の全員が「この人がやるのっ!?」と意外性で驚いてほしいなと思っていたので、その通りになりすごい盛り上がりましたよね。

吉本さん
総合満足度に関しては過去最高数字を出すことができまして、90%を超えて大満足をしてくれています。

イベントを盛り上げる「鍵」は全員を集中させること

イベモン 新地
今回、イベント前半で参加者に食事をしっかり摂ってもらって、後半からは「イベントの時間」としてメリハリがあったのは非常に良かったですね。

市原さん
そうですね。イベントで行う催しものに集中・注目させることで一体感ががっちり出るので 、イベモンさんとの事前の打ち合わせが終わった時に「これは盛り上がるな」と確信をしましたね。

金子さん
だいたいいつも、喫煙所でたばこを吸っていて参加してない社員やがいて、「参加しなくてもいいや」という人も出てくるんですよ。
今回はそれがなかったので、一体感はものすごくありましたね。

市原さん
会場のレイアウトもすごい大事だなぁと思いました。
今回は新地さんが紹介をしてくださった会場で行ったのですが、会場の中に区切りがあって「中に入らないと、催し物が見えないような仕組み」になっていることもよかったです。

”イベモン”を利用した感想は?

金子さん
また利用したい!

吉本さん
アンケートにある通り「喜び」、「大満足」を作ることができたのもお力添えのおかげです。

市原さん
すごいよかったことは、事前にゲームの打ち合わせなどやり取りをしてくださって、「これは大丈夫だな」「盛り上がるな」という確信ができたことですね。
プロが考えたコンテンツだから司会者の台本もあり、マニュアルもあり、その通りに行えばちゃんとできるというものが揃っていますよね。
幹事としては「楽」をさせてもらっちゃいましたね。
余計なことを何も考えなくても、時間通りに尚且つこれだけ大満足を作ることができるようになっているというのは素晴らしいですね。

イベモン 新地
ありがとうございます!


【インタビュー協力】

スマイルアンドサンキュー株式会社
都内を中心に31店舗の整骨院・鍼灸院グループを展開しているスマイルアンドサンキュー株式会社。
患者様の痛みと悩みに寄り添い、治療の先にある幸せを見つめて根本から治すことを目指す。
アットホームな雰囲気で親身に寄り添う接遇と、治療技術には定評があり口コミがあとをたたない。

■問い合わせ先
〒160-0023
住所:東京都新宿区西新宿7-21-1 新宿ロイヤルビル7F
電話:03-5338-3188
URL:http://www.smile-39.com/

参加した全員が”楽しかった!”と言える社内イベントにしよう


「社内のイベントだからこそ、自社の社員で何とか行いたい」、「自分たちでイベントを作るからこそ意味がある」と思う方も多くいらっしゃると思います。

ですが、すべてを準備するは正直大変というのが本音ではないでしょうか?

そんなときは、イベントのプロに手伝ってもらうのもいいですね。

例えば、「会場がなかなか見つからない……」、「景品を買いに行く時間がない」、「当日はできるだけ全員参加にさせたい」など困っているポイントだけを手伝ってもらえばいいのです。

企業で行われる懇親会や忘年会、新年会や内定式などをサポートする「イベモンhttps://evemon.jp/)」は、結婚式プロデュースの「スマ婚https://smakon.jp/)」、結婚式二次会幹事代行サービスの「2次会くんhttps://evemon.jp/)」から生まれた法人イベント専門のサービスです。

これまで累計3万件以上のイベント経験のノウハウを活かし、多種多様なイベントのサポートが可能になりました。

社内のイベントをより良くし、社員のモチベーションアップにつなげたいと考えている企業様は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

☆電話で直接問い合わせたい!という方はここをタップ!

☆メールで一度問い合わせたい方はここをクリック!

The following two tabs change content below.
Monster Girl

Monster Girl

ウェディングプランナーとして、これまで1000組以上のカップルの結婚式をお手伝い。某有名劇団の結婚式二次会のプロデュースの実績を持つ。 大きな体と大きなハートで、イベントを全力サポート。 得意技は「アイスクリーム早食い」。

関連記事一覧

イベント向け会場紹介

PAGE TOP